イギリスのペールエール、BASSバスを飲んでみました

bass 世界のクラフトビール

bass

イギリスの上面発酵ビール「BASS」バスペールエールを飲んでみました

世界のクラフトビール(27)です^^

今回は、暫く冷蔵庫で忘れ去られていたイギリスの上面発酵ビール、BASSバスペールエールを飲んでみたいと思います。結構前に買っていたのですが、端の方で鎮座していて全く気がつかなかったです。以前にも一回飲んでいるのですが、写真をとる前に我慢出来ずに飲んでしまったので、今回やっと記事にすることができました。

日本での輸入元はアサヒビール。原材料は麦芽・ホップ・糖類・香料となっており、アルコール分は5.1パーセントとなっております。上面発酵は「エール」。下面発酵は「ラガー」となっており、前回のオランジブーンは下面発酵ですね。

bass

今回の王冠「BASS」と「▲」が記されています。

bass

瓶全体像。ヨーロッパらしいラベルのデザインになります。

bass

やや古めかしいというか、重厚なというか、そういうラベルですね。

bass

Bass Breweryの位置です。ロンドンとマンチェスターの間に位置しています。場所が違う可能性もあるんですけどね、、、。何故か公式が開けないんですよ。

このあたりらしいんですが、買収されたりしているので色々と変わっているかもしれません。

早速試飲です。琥珀色の美しいビールで濁りはありません。香ばしいビールですねぇ。それじゃ伝わらないと思いますけど、、、。コクも合って美味しいです。でも管理人の好きな味じゃないかなぁ。

bass

泡も琥珀色に合わせたというか、影響を受けている泡の色をしています。

bass

今回の星ですが、、、

★★★☆☆

星三つです!

世界のクラフトビール

タイトルとURLをコピーしました