チェコのピルスナーウルケルを飲んでみました

ピルスナーウルケル 世界のクラフトビール

ピルスナーウルケル

チェコで醸造されているピルスナーウルケル

世界のクラフトビール90本目です。

今回はチェコ共和国のピルスナーウルケルのご紹介です。近所のスーパーで売ってましたw

未だにクラフトビールの記事を全部移動していないのです。ごめんなさい時間がかかりそうです。

ということで珍しいチェコからのピルスナー。

ピルスナーウルケル

緑色の缶が目印です。チェコビールはブデヨビツキブドバーっていう難解な名前のビールを飲んだことあります。ブドバーは美味しかったので、ウルケルも期待できる銘柄ですね。

銘柄はピルスナーウルケル。ウケルwではないです。

1842年に醸造を開始した歴史あるウルケル。現在もチェコのピルゼン(プルゼニ)という町に醸造所はあるんでしょうか?輸入元はアサヒビールさんです。

ピルスナーウルケル

現在も醸造所は健在の様子。首都のプラハからは南西方向に100キロくらいあるのかな?近くにビール博物館があるからこの辺は醸造所が多そうです。

全然読めない、、、公式サイトなのかな?表示は重めです。

Prazdroj Visit

ではグラスに注いでみます。一般的なろ過されたビールですね。泡はきめ細かいほうかな、、、

ピルスナーウルケル

今回は缶ビールんなので王冠は無し。外国ビールにありがちな華奢なプルタブですので気をつかいます。

ピルスナーウルケル

では試飲です、、、

ピルスナーウルケル

こ、これは、、、

めっちゃうまいやん!原材料は麦芽、ホップでアルコール度数は4パーセント以上とのこと。ブドバーも美味しかったけどね。ピルスナーっていうのは淡色の下面発酵の事らしい。この地方が発祥らしいです。

今回の星ですが、、、

★★★★☆

星四つです~  お薦め~

世界のクラフトビール

タイトルとURLをコピーしました