世界のクラフトビール

名前が覚えられない!?チェコのビール、ブデヨビツキブドバーを飲んでみました

今回はチェコのビール、ブデヨビツキブドバーっていう難解な名称のビールです。チェコは1993年に独立して、今はチェコ共和国という名称になりました。管理人はチェコと聞くと、どうしてもチェコスロバキアを思い出してしまいます。
世界のクラフトビール

ヴァイエン・ステファン・ヘフヴァイスなるドイツビール飲んでみました!

白ビールの元祖とも言われているらしいヴァイエン・ステファン・ヘフヴァイスを買ってみました。これは近所のカスミで購入したもので、カスミに置いてある輸入ビールはここで紹介しつくしたので、次からは別のスーパーをめぐる事になりました。
世界のクラフトビール

イギリスのペールエール、BASSバスを飲んでみました

日本での輸入元はアサヒビール。原材料は麦芽・ホップ・糖類・香料となっており、アルコール分は5.1パーセントとなっております。上面発酵は「エール」。下面発酵は「ラガー」となっており、前回のオランジブーンは下面発酵ですね。
世界のクラフトビール

ドイツビールのオランジブーンを飲んでみた

オランジェ?オランジ?両方ともありますが、今回は「オランジ」で統一したいと思います。元々はオランダ発祥のビールで原材料は麦芽・ホップとあります。オレンジが入っていそうな名称ですが、入ってないです。
世界のクラフトビール

メキシコのコロナビールは誰でも一度は飲んだことありますよね?ね?

原産国は勿論メキシコ。原材料は麦芽・ホップ・コーン。酸化防止剤としてアスコルビン酸が添加されています。内容量は瓶によって微妙に違うのが愛嬌ですけどねw
世界のクラフトビール

修道院で醸造されたシメイビールを飲みました

トラピストビールと呼ばれ、トラピスト会修道院で醸造された上面発酵のビールをそう呼ぶそうです。特に、今回のシメイビールを醸造しているスクールモン修道院は、世界171箇所あるトラピスト会修道院の中でも8箇所で行われているうちの一つとの事。
世界のクラフトビール

グランドキリン・ギャラクシーホップを飲んでみました

グランドキリンは時々限定品を出しますが、今回のギャラクシーホップは前年から待ち望んでいた製品です。パッションフルーツを思わせるというギャラクシーホップを使用したフルーティなビールです。
世界のクラフトビール

真田軍団スタウトなる地ビールを飲んでみました

真田軍団スタウトはローストされた麦を使用した黒ビール。ラベルには真田幸村が描かれているようですね。
世界のクラフトビール

オランダのハイネケンを飲みました

ハイネケンはオランダの有名なビールですよね。世界170カ国以上で販売されていますが、日本ではそんなにメジャーなビールではないのかな?バドワイザーのほうが有名ですよね。日本では合弁会社のハイネケン・キリン株式会社を通じて販売されています。
世界のクラフトビール

沖縄の爽やかな風・オリオンビール飲んだ

オリオンビールはお馴染みのビールですよね。同社は沖縄県浦添市にある飲料製造の会社で、ビールの他、サンピン茶等も製造しているようです。また、沖縄県で販売されているアサヒビールのスーパードライはオリオンビールがライセンス生産しているようです。
タイトルとURLをコピーしました